よれないファンデーション

よれないファンデーション

ファンデーションがよれるのは、ファンデーションを塗るまでの下地がきちんとできているか・・・という問題があります。

 

自分の皮脂や、下地の油分などと、ファンデーションがケンカして、よれる。

 

というようなことが起きています。

 

よく、スキンケアをする際には、タイムラグを置くというようなことを言われますが、1つ1つなじませることが大事です。

 

下地は、油分を含んでいるものが多いので、よく肌にフィットしていないと、「よれ」の原因になります。

 

つけたあとに、余分な油分はティッシュオフするとか、ひと手間加えることも大事です。

 

下地のあとに、何もついていないスポンジで、余計な油分を吸い取る方法も、キレイに仕上がります。

 

また、乾燥などで、時間とともにシワが目立つようになると、その部分からヨレてしまったりするのが悩みという人も多いです。

 

時間とともに乾燥を感じるなら、ファンデーション自体に保湿力があるものを選んでおくと良いです。

 

保湿力が高い、美容液成分がふんだんに含まれているファンデーションなら、時間とともにかえって肌がしっとりとしてきます。

 

乾燥してシワっぽくなることもなく、したがって、よれる心配もありません。

 

保湿力の高いファンデーションについて詳しくはこちら>>